名曲に隠された感動の物語
岡本真夜が曲に込めた親友への想い

 

今回のビーバップハイスクールは名曲に隠された感動の物語特集。

 

今回名曲の隠された感動の物語を紹介してくれるのは、ビーバップハイヒール7回目の出演音楽評論家の富澤一誠さん。

 

今回、紹介するのは岡本真夜さんの名曲『そのままの君でいて』です。

 

『そのままの君でいて』の曲には親友を想う気持ちが込められているのでした。

 

もう、涙なくして語れません!!!

スポンサードリンク

そのままの君でいて 感動の物語

 

親友の岡本しのぶとの出会い

 

高校の頃、同じ苗字とあって意気投合したクラスメイトの岡本しのぶ。

 

すぐ仲良くなった真夜としのぶはいつも2人で一緒に恋バナをしたり、夢を語り合ったりして過ごしていました。

 

岡本真夜の夢【歌手】になりたいという夢も応援してくれるしのぶ。

 

自分の歌のデモ・テープをレコード会社に送り、見事声が掛かり「上京してみないか?」と話がまい込みました。

 

ところが…
祖父母に猛反対され、上京を諦めているとそんな時、しのぶが「真夜は上京するべきだよ!」と背中をおし、真夜は上京を決意するのでした。

 

そして上京

 

上京してもすぐデビュー出来るわけがなく、厳しいレッスンの日々を過ごす岡本真夜。

 

なかなか上手くいかない日々に自信をなくしそうになる岡本真夜。

 

そんな時に岡本真夜を救っていたのは親友のしのぶでした。

 

岡本真夜としのぶは遠くに離れていてもFAXでお互いを励まし合っていたのです。

 

挫折しそうな時に、しのぶはいつも岡本真夜を励ましていてくれたのでした。

 

遂に岡本真夜『TOMORROW』でデビュー

 

 

遂に岡本真夜が『TOMORROW』でデビュー。

 

デビュー曲の『TOMORROW』は大ヒット曲になり、誰もが聴いたことがある曲だと思います。

 

そして、デビュー後、やっとしのぶと再開。

 

しかし、しのぶは元気がなく岡本真夜は気にしながらも、結局最後までなぜ元気がないのか聞くことが出来なかった・・・。

 

しのぶと別れてからも、しのぶの様子が気になる岡本真夜はある行動に移すのでした。

スポンサードリンク

しのぶへのエール曲制作

 

しのぶと再会したものの、元気がなかった事がずっと気になった岡本真夜は、しのぶの為に楽曲を制作をする事を決意。

 

しのぶを励ます為のエール曲を作る岡本真夜。

 

その歌詞はしのぶとのFAXの内容をルーツに作られました。

 

FAXによく書かれていた『そのままの・・・』の言葉がタイトルになりました。

 

しのぶの為に作った曲は岡本真夜の代表曲の1つとなる『そのままの君でいて』。

 

しのぶの死、メニエール病発症

 

しかし、残念ながらしのぶは26歳という若さで突然亡くなってしまいます。

 

親友の急な死に耐えられないストレスを抱えた岡本真夜は突然、ある病を発症していまうのでした。

 

その病気は【メニエール病】でした。

 

朝、起きると足が動かない・・・自分の声が聞こえにくいという身体の異常。

 

声が聞こえにくいことから、納得する歌も歌えない状況となって追い込まれる岡本真夜。

 

岡本真夜の頭には【引退】の文字がよぎりました。

 

しかし、そんな時にある騒動が運命を変えることに・・・

岡本真夜の運命を変えたある出来事とは!?
次のページへ