MステFlower映画主題歌『やさしさで溢れるように』披露!

 

 

image

 

6/10Flowerがミュージックステーションに2度目の出演ですね!!

 

前回は『白雪姫』を披露してかなりの注目を浴びました。

 

ヒロさんからの激励に応えて圧巻のパフォーマンスでしたね!!

 

そして、今回は映画『植物図鑑運命の恋、ひろいました』の主題歌である『やさしさで溢れるように』を披露!!

 

この曲は元々JUJUが歌っていたのですが、カバーしたんですね。

 

 

JUJUさんとはまた違った雰囲気に鷲尾ちゃんが歌いあげています。

 

タイトル通りに優しい雰囲気で聴いていても心地いいですね。
これは何回もリピートして聴きたい!!

 

でも、なんだか物足りないと思いませんか…?

スポンサードリンク

これまでのFlowerと今のFlowerの違い…ボーカルが1人に

 

Flowerは元々パフォーマーがいてEXILEでお馴染みの【ボーカルオーディション】でボーカルを加えて出来上がったグループ。

 

そこでオーディションで勝ち抜いたのが鷲尾伶菜・武藤千春・市來杏香。

 

この3人の織り成すハーモニーがFlowerのグループの最大の魅力だったと言ってもいいと思います。

 

その証拠に武藤千春はオーディションでインフルエンザになり出遅れた感じでした。

 

それでもボーカルに抜擢。

 

その理由は鷲尾ちゃんとの歌のハーモニーが高く評価されたから。

 

しかし、ことごとくボーカルが脱退していくではありませんか!!

 

今ではボーカルは鷲尾ちゃんだけになりました…。

 

image

 

これまでの美しいボーカルのハーモニーが今のFlowerにはありません。

 

1人だから当然ですね。

 

鷲尾ちゃんの歌も好きだし、実力もあると思うけどFlowerとしては以前の方が好きだったな。

 

これからは鷲尾1人体制でずっとやっていくのかな!?

 

ボーカルの立て続けの脱退の理由はなんだったのか改めて考えてみた。

スポンサードリンク

武藤千春の脱退理由「海外留学」だが本当はそれだけではない

 

武藤千春

 

E-girlsとFlowerを兼任。

 

ダンスもボーカルとしてもレベルの高いパフォーマンスができる逸材だった。

 

image

 

武藤千春卒業コメント全文

 

Flower、E-girlsをいつも温かく応援してくださり、本当にありがとうございます。私、武藤千春から皆さまへのご報告があります。2011年のEXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 3 〜For Girls〜から3年半、夢を追い続けFlowerとして、E-girlsとして、活動する中でたくさんの貴重な体験をさせていただき、自分なりに様々なことに気付き、感じることもできました。この経験を通じて、自分がこれから目指すものが見え、新たな環境でさらに自分自身を成長させたいという思いが強くなっていきました。そこで海外への留学という道を選び、私はこの度、E-girls、Flowerの両グループを脱退させていただくことになりました。

この決断をする上で、私なりにもたくさん考えました。またFlowerメンバー、E-girlsメンバーをはじめ、日々支えてくださったスタッフの皆さんともしっかり話し合うことができました。私の夢への想いを理解していただき、私の決断を応援してくれた事に心から感謝しています。そして、いつも応援してくださった皆さん、本当にありがとうございました。この3年半で出会ったメンバー、スタッフさん、ファンの皆さんとのご縁は、私にとって一生の宝物です。これからは違う道を歩むことになりますが、私の夢も、私の音楽人生も、まだまだ続いていきます。Flower、E-girlsでの経験を生かし、皆さんへの感謝の気持ちを決して忘れることなく、さらなる夢に向かって自分を磨き、頑張っていきます。勝手ではありますが、これからも温かく見守っていただけたらとても嬉しいです。突然の発表で皆さまを驚かせてしまい本当に申し訳ございません。そして今まで本当にありがとうございました。

2014年10月12日武藤千春

 

海外留学という新しい道を選んだんですね。

 

でもなぜ突然に…。

 

厳しいオーディションを勝ち抜いて得たFlowerボーカルをそんな簡単に棒に振るなんて。

 

そこにはおそらく【ボーカリストとしてのプライド】があったんだと思います。

 

Flowerを見ていて気がついていたと思いますが鷲尾ちゃんが突出して優遇されているんですよね。

 

PVも歌割も鷲尾ちゃんがかなり推されているんです。

 

ボーカリストなのにダンスをする場面も多かったしPVも後ろの方で映ることも多かった。

 

そんな中途半端な感じに嫌気がさしてしまったのかも知れないですね。

 

19歳という若さだったことからFlowerという地位よりボーカリストとして成長を選んだんだと思います。

 

自分の理想のボーカリスト像がFlowerでは実現できないと判断しての脱退でしょうね。

 

市來杏香の脱退の本当の理由は!?次のページへ